横浜で受ける包茎手術 Rotating Header Image

包茎手術は痛いのか

痛みに対してあまり強くないのは、誰もが同じだと思います。
とはいえ、包茎手術を受けてコンプレックスから開放されたいと思うのも事実でしょう。
しかし痛いのではないかと不安が頭を渦巻き、どうしても治療を受けることをためらってしまう人も少なくありません。
手術の方法について詳しく知っておくことによって、安心して治療を受けることが可能といえるので、ぜひ確認しておきましょう。
基本的に手術を受けるときには局所麻酔を行い、完全に痛みの無い状態で手術を受けることになります。
また、手術の状態を直接見なくて済むように、大きな布をかぶせてもらったり、更に下半身が見えないようになっているついたてを立ててもらって特に問題なく治療をすることが多いのです。
もちろん手術前に麻酔が効いているかを直接確認してもらえるので、途中で麻酔が切れてしまうようなことはありませんし、痛みを感じることも無いといえます。
一般的に麻酔が切れるのは手術が終わってから数時間ぐらいあとなので、そのときには痛み止めをもらって飲んでいるから問題ないといえます。